8月 30, 2014

性行為に慣れて、早漏を治す

性行為の際に射精までの時間が早いと言うことを早漏と呼んでいます。 男性にとってはこのような症状があるとなかなか積極的に性行為をすることができません。 しかし最近では治療方法や予防のための方法も豊富になっているので、決して恥ずかしがることはありません。 その治療方法の中に性行為に慣れて早漏を治すと言う物があります。 早漏の治療法としてはこれが一般的です。 女性の様子を見ながら性行為をすることで克服できると言うことが多いのです。 しかし性行為の最中に相手の様子を見ると言うことは難しいです。 中には逆効果ということもあります。 そしてさらに症状が悪化したり勃起障害になったりする可能性もあります。 早漏の原因は精神的なことが多くなっているので、このような精神的な不安を和らげると言うことが根本的な治療につながります。 したがって精力剤を飲みながら性交渉の回数を増やしていくことでも効果があるのです。 この精力剤にはリラックス効果があるので効果的です。 また緊張するということは治療には大敵です。 したがって焦らず自分のペースで行うと言うことも大切です。 あまりにもひどい場合にはクリニックなどを利用しますが、精力剤を服用するかクリニックに通院をして、根本から治療をするということが大切です。 [...]
Read More »

8月 18, 2014

不安やストレスは性行為失敗のもと

好きな異性との性行為は、愛情の確認作業であるとともに、さらに愛情を高めることにつながります。 スキンシップをとることは、人の精神にとても良い影響を与えます。 まだ言葉を発しない赤ちゃんでも、母の腕に抱かれたり、お風呂に入るなどのスキンシップをとることで愛情を感じたり、精神が安定すると言われます。 成人の男女間でも、好きな異性とのスキンシップは精神の安定につながり、中でも性行為は相手とのつながりをさらに強く感じられるものです。 裏を返せば、心に不安やストレスを抱えている精神状態では、それが体に表れることがあります。 分かりやすい例で言えば、男性の場合は勃起不全、早漏など、女性の場合は濡れないことによる性交痛などがあげられます。 仕事での多大なストレス、または相手に対する不信感や不安感などがあるままでは、性行為失敗になることが少なくありません。 性体験の少ない若い男女だけでなく、長年連れ添った夫婦間でも起こりうることです。 勃起不全などで女性を満足させられなかったり、女性は痛みがあることで挿入を中断してしまったりすると、次の性行為が恐くなったり、相手を傷つけたのではないかとの思いから、さらに悪い状況に陥ることもあります。 性行為に、精神状態はとてもかかわりがあるのです。 [...]
Read More »

8月 9, 2014

心因性早漏とEDの併発

心因性の早漏とは精神的な問題が原因でおきる早漏のことです。 セックスに対する緊張や恐怖、過去のトラウマなどによって引き起こされることがあり、若年層にみられる場合が多いです。 具体的にはセックスの経験が少ないために、焦りから射精してしまったり、経験の少なさによる技術的な未熟が心理的プレッシャーになり、早く射精してしまうなどがあります。 これらは焦りや緊張、プレッシャーからくるものなので、セックスの経験がふえることにより心に余裕が生まれ、自然と治る場合が多いです。 しかし中にはセックスを重ねるたびに不安が増し、早漏スパイラルに陥ってしまうことがあります。 こうなってしまうと、逆に経験を重ねることで早漏がひどくなってしまいます。 さらに雑誌やインターネット、アダルトビデオなどの情報が不安を増長させる一因となっている現状もあります。 一番大切なことは経験を重ねることですからパートナーとの協力のもと、余裕をもってセックスをすることが自信となり、早漏スパイラルから脱することができます。 ただ心因性早漏はできるだけ早期に解消する必要があります。 なぜなら長引くことにより勃起不全に陥る場合があるからです。 この心因性早漏とEDの併発はめずらしいことではなく、抗うつ作用薬とED治療薬を併用することで症状を改善することができます。 [...]
Read More »

Designed by Medical ServicesMedical TourismMedical Diet